諸注意

  • プロローグのみ現在軸(レオナNRC在籍時)の話
  • 『花笑みのプローミッサ』Chapter.1以降はプロローグから11年後、未来の話がメイン
  • 各キャラはNRC卒業後、それぞれ仕事に就いている設定
  • オリジナルキャラが複数登場(名前はあったり無かったり)
  • 各キャラの設定などは作中に出てくる内容を簡易的にまとめただけのものです。読み飛ばしてしまっても特に支障はありません。

登場人物

特に記載がない限り、夢主を始め登場人物等は各作品共通です。また、一部説明の中に本編のネタバレも含みますのでご注意ください。

メインキャラ

夢主♀(not監)(7歳→18歳)
  • 植物の妖精の加護を受ける一族の末裔。
  • NRC植物園の専属庭師として働いていたローエン(後述)の孫。
  • 7歳の頃にレオナと出会う。
レオナ(20歳→31歳)
  • NRC卒業後、夕焼けの草原の官職に就いた。
  • 公務の他、主に古代魔法や遺跡の研究・調査を行っている。
  • 数年前から離宮を拠点にしている。
ラギー(17歳→28歳)
  • NRC卒業後、レオナの部下として働いている。
  • 本編では『花笑みのプローミッサ』Chapter.1以降に登場。
リリア(年齢不詳)
  • 本編では『花笑みのプローミッサ』Chapter.3以降に登場。

以下、オリジナルキャラ&簡易設定

ローエン
  • 輝石の国出身。
  • 夢主の祖父。NRC植物園の専属庭師として働いていた。
  • 『花笑みのプローミッサ』Chapter.1以降はほぼ登場しない。
ハンス
  • イヌ科の獣人。眼鏡をかけている。
  • 執事長。主に離宮内の使用人たちを統括する。
  • レオナの秘書のような役割も担っており、色々と面倒ごとを押し付けられるポジション。
ニナ
  • 狐の獣人。
  • 侍女長。主に離宮内の侍女たちを統括する。
  • レオナの身の回りの世話をしている。
フィーネ
  • 巻き角の獣人。
  • 離宮の侍女。
  • 公募枠で離宮の使用人として採用された。語尾を伸ばす特徴的な話し方をする。
マキナ
  • 狐の獣人。
  • 離宮の侍女。侍女長のニナの娘。
  • フィーネと仲が良い。
アニー
  • ネコ科の獣人。
  • レオナの幼少期の家庭教師。現役を退き隠居生活を送っていたが、とある事情から夢主の家庭教師として復職した。

各種設定

  • 妖精を含む各種設定はゲーム内ストーリーにて登場したキャラや情報などを参考に捏造
  • 各キャラの職務内容など、細かい部分は想像で補っている箇所もあるため現実とは異なる場合があります。あくまでフィクションとしてお読みいただけますと幸いです。
植物の妖精について
  • 数多く存在する妖精族の中で、一つの種族として設定
  • 夢主の一族の魔力を好んでいる
  • 植物の妖精の中にもさらに細分化された種族が存在する
獣人属について
  • マーキング…一部の獣人属が身内や恋人に対して親愛の情を示すため、相手の体に自身の匂いを付ける行為。また、親密な関係であることを他者に知らしめる意味もある。主に肌同士を擦り付ける。付けられた匂いは獣人属にしか感じ取れない。

最終更新日:2022/5/29(随時追加中)